歯医者の選ぶ方

dental care

歯科の見分け方をご説明します

歯科は飽和状態といわれています。 ですからオススメの歯科医院を分ける方法をお伝えします。 わかりやすく箇条書きにして説明いたします。 1.歯科衛生士が丁寧に歯磨きの仕方を説明してくれる。 なぜなら歯磨きの仕方を伝えると言う事は1番大切な虫歯にならないと言うことだからだ。 歯医者は無視本直すところと言う感じがしますが、予防歯科に力を入れているところが良い歯医者だと感じます。 2.歯科医が丁寧に説明をしてくれる。 どのような治療をしているのか気になるが、先生に聞きにくいと言う場合もあるだろう。 なので先生から説明してくれると患者としては、安心できる歯科医院と言えるであろう。 3.病院の中に水槽がない病院。 水槽のある病院は潰れると言うジンクスがある。

医師の対応についてお話し

歯科医での先生との人間関係の築き方をお話しします。 人間誰しも、ほめられて嫌な気がする人はいません。 なので、もし閉院時間ギリギリに受付をしてしまったときなど、先生や受付の医療事務の方にお礼を言うのを忘れないようにします。 後は治療中や治療後にお礼を言って帰ります。 さらに当たり前ですが治療前には歯磨きをします。女性はグロスや口紅をたくさんぬらないようにするのもお互いに気持ちよい時間を過ごすコツです。 先生も手袋がグロスでベタベタになるのは嫌だと思うので、患者も気を使う必要があります。 歯医者は何度も通う必要があるので、いちど関係を崩すと次から治療に行くのが気まずくなってしまいます。 虫歯にならないのが1番ですが、なってしまったときには気持ちよく治してもらいましょう。